2021年 新年のご挨拶

唐沢社長

ジャパンコンピューターサービス社長 唐沢俊樹


昨年は日本中が、いや世界中が新型コロナウイルス感染拡大で大きなダメージを受けました。その猛威はまだ収まりを見せていません。

しかしジャパンコンピューターサービスは、コロナによる打撃を最小限に抑えることができました。これもひとえに、当社の技術力と品質の高さを顧客企業の皆さまに評価していただいたことによるものです。

2021年、コロナ禍で経済の停滞が続く可能性はありますが、新たな事業の進め方、働き方改革、経営改革には必ずICT技術が必要とされます。ICT業界が新しい社会の構築の推進役となることを信じ、その業界の一員として当社も積極的に貢献してまいります。

具体的には、新たな商材を用いた事業効率化やセキュリティの仕組みの提案・導入、新たな形態での運用業務の提案、新しい働き方を可能にするLCM事業の拡大を推進いたします。

逞しい技術者集団ジャパンコンピューターサービス。本年もどうぞご期待ください。